寒中見舞い 余寒見舞い の書き方 進学 塾 文例 例文 好感度

■保護者・児童生徒のための寒中見舞いの書き方教室について

先生を協力者にするための一手段として、寒中見舞いを上手に活用し、味方につけてしまう手だてにしようというのが「保護者・児童生徒のための寒中見舞いの書き方教室」の目的とするところです。

内申書 アップ イラスト 無料 進学 塾 予備校 中学 高校

反省文の書き方教室
始末書の書き方教室
詫び状の書き方教室
親子読書感想文の書き方教室
親子で書く絵葉書
親子で書く暑中見舞い
親子で書く残暑見舞い
親子で書く年賀状
親子で書く寒中見舞い
葉書の書き方教室
暑中見舞いの書き方教室
残暑見舞いの書き方教室
年賀状の書き方教室
寒中見舞いの書き方教室
クリスマスカードの書き方教室
クリスマスカードを英語で書こう!
自由に使える読書感想文
自由に使える税金作文
自由に使える環境作文
自由に使える意見文・弁論文・主張文
読書感想文の書き方教室【保護者編】
読書感想文の書き方教室【児童生徒編】
標語の作り方教室
生活作文の書き方教室
マイナー作文コンクールで入賞しよう!
■新聞社説の要約教室(2011年夏公開)
■天声人語の要約教室(2011年夏公開)
絵日記の書き方教室(2011年夏公開)
人権作文の書き方教室(2011年夏公開)
自由に使える平和作文(2011年夏公開)
交通作文の書き方教室(2011年夏公開)
管理人にメールを送る

2007年1月1日以来  人目のお客さまです

■保護者・児童生徒のための寒中見舞いの書き方教室概要

 姉妹サイト「目指せ内申アップ!! 親子で書く年賀状」で、年賀状をごますりの材料に使い、内申書を握る先生方をお味方につけてしまおうと提案しました。「保護者・児童生徒のための寒中見舞いの書き方教室」では、寒中見舞いを利用して、学校での待遇向上、内申アップを目指すことを目的としています。

 新年のあいさつは年賀状が基本になりますが、喪中のときには年賀状は出せません。しかし、喪中だからとアクションを何も起こさないのは、もったいないことです。子

 喪中で年賀状がだめならば寒中見舞い、どん欲なまでに先生方の好感度をあげることが、子どもたちの成績アップと待遇改善につながります。子どものことを思う親ならば、気合を入れて寒中見舞いを出したいものです。

 人間は感情の動物。理論や理屈よりも好き嫌いが優先します。どんどん好感度をアップさせて、子どもたちの成績と待遇に反映するようにしてください。

■寒中見舞いはいつからいつまで? 年賀状は使えるの?

 寒中見舞いを送る時期ですが、小寒から節分までの時期となります。ただ、一般的には7日の松の内までが年賀状シーズンとされているので、寒中見舞いは年賀状シーズンが終わってから届くようにします。

 寒中見舞いを送る場合気をつけたいのは、年賀状は使ってはいけないということです。ケチな人が、年賀状を使えないものか、「使っても大丈夫ですよ」という答えを求めて、教えてサイトで質問を繰り返しています。

 しかし、そのようなケチな考えでは好感度はアップしません。余った年賀状は5円の手数料で、くじのついていない官製はがきに交換してくれます。この1枚5円に執着すると、ケチと言われたり、常識がない人間と思われてしまいます。

 交換手数料の5円がもったいないと思う人は寒中見舞いなど出さない方がよっぽどましなのです。

■喪中の範囲は誰から誰まで?

 喪中の範囲は誰から誰までにすべきかという質問があります。

 目安は下表のようになりますが、地域的な違いや、つきあいの度合い、おのおのの考え方によってて喪中に範囲は変化します。

 以前、親せきの葬式のとき、葬儀屋さんと話しをしたことがありました。何でも、自分の親が死んだとき、地域的な関係から葬式の勝手がまるで違って、右往左往するだけだったそうです。その揚げ句、親せきから「葬儀屋のくせに、何うろうろしているんだ」と言われまくったそうです。

 見事な仕切りを見せた葬儀屋さんでしたが、場所が変われば風習も変わるという典型的な話しになります。

 喪中の範囲も、葬儀屋さんと同じことが言えます。ネットの情報や一般論をうのみにせず、自分が住んでいる土地のしきたりを優先しましょう。

両親(配偶者を含む)
子ども
兄弟 ○ or △
祖父母 生計をともにしている場合○
生計をともにしている場合○
配偶者の兄弟 生計をともにしている場合○
祖祖父 ・祖祖母 ×
おじ・おば ×
いとこ ×

■先生も人の子なのです

 先生だって人間です。好きな生徒もいれば嫌いな生徒もいます。好感を持つ父兄もいれば、苦手な保護者もいます。

「好き・嫌い」で物事を判断するのは、大人の行為とは見なされません。しかし、それは建前です。人間にとって好きと嫌いの感情はもっとも重要視されます。採用試験の面接も、この人間と一緒に仕事をしたいかしたくないか、能力以上に好き嫌いを見ている試験なのです。

 子どもの学校生活をよりよいものにするならば、親が率先して先生に好かれるようにしなければなりません。何かと言えば学校に対して文句をたれる、それが近ごろの傾向のようですが、文句を言うよりもおだてる方が、最終的には動いてくれるものです。

 文句をたれれば、しっぺ返しが必ずあります。文句をたれることで、一時的には利益になるかもしれませんが、最終的な利益につながるとはとうてい思えません。先生も人の子です。自分に好意を抱いているようなそぶりを見せれば、悪い気はしません。

 先生を味方につければ、子どもの学校生活よりよいものとなり、進学が有利になるのです。

■寒中見舞いはある意味年賀状よりも好感度アップに効果的です

 学校の先生ならば、生徒が喪中かどうかは把握しているはずです。「あの子は喪中だから……」と、年賀状のチェックが厳しい先生も承知していることになります。だから年賀状は来なくて当たり前、そう思っています。

そんなところに寒中見舞いが届くと、先生は感動します。わざわざ寒中見舞いを送ってくれたと、好感度がアップします。

 学校の先生などをしていると、年賀状は何十枚、何百枚と届いていることでしょう(届かなかったら人間的に欠陥ありです)。しかし、寒中見舞いはめったに届くものではありません。しかも、喪中のときの寒中見舞いとあっては、うれしくならないはずがありません。

 喪中だからと手をこまねいているのではなく、アグレッシブにアタックをかけることで好感度は上昇するのです。

■担任の先生以外にも寒中見舞いを出すようにしましょう!

 中学になると、教科ごとに先生が替わります。つまり成績の評価は一人の先生が行うのではないということを意味します。そこで、喪中のときは各教科の先生方にも親子そろって寒中見舞いを出すようにします。

 自分の担任をしている生徒・保護者からでさえ、喪中のときの寒中見舞いは来ることはレアケースです。担任外の生徒から寒中見舞いが届く数は皆無と言ってもいいでしょう。だから寒中見舞いは目立つのです。先生は自分に好意を寄せていると勘違いするのです。

 好意を抱いていると思わせれば、ひいきしてもらえる確率もアップします。先生ご本人はひいきをしている感覚はなくても、無意識のうちにひいきをしていることはよくあるものです。

 子どもが1年生や2年生の場合、次の年度の担任になるかもしれません。そのときの布石にするためにも、担任以外の教科担当の先生にも、喪中のときは寒中見舞いを送っておきたいものです。

■塾の先生にも寒中見舞いを出しましょう!

 塾の先生は人気商売です。

 生徒をどれだけ集められるか、どれだけ生徒の支持があるか、目に見える数字が求められます。生徒や父兄の支持が発言力の大小を決めるケースもあります。学校の先生よりもシビアな世界です。

 同僚と講師室でけんかした場合、人気のある先生は人気薄の先生を「生徒の支持を集めてから文句は言ってください」と、沈黙せざるを得ない状況に追い込みます。だから塾の先生は、目に見える形で、生徒からの人気、授業前後の質問の行列や、出席率などを異常に気にするものなのです。

 寒中見舞いも目に見える人気のバロメーターです。講師室に喪中の生徒およびその保護者から寒中見舞いが多く届いていれば、塾の先生は大喜びです。寒中見舞いが支持の証しとなり、発言力が大きくなります。でかい態度も許されるようになります。学校の先生以上に、寒中見舞いを送ることで、ひいきをしてくれるようになります。

 社員講師であろうとアルバイトの時間講師であろうと、勉強を教えてもらっている先生には寒中見舞いを出すようにしましょう。これで一クラス上の待遇が受けられるようになります。

■これで好感度アップ間違いなし!

 たった一枚のはがきで、人の評価は変わります。好意の度合いも変わります。

 その一つが寒中見舞いになります。もちろん寒中見舞いだけ送ればいいというものではありません。夏には暑中見舞いや残暑見舞い、喪中でなければ年賀状よ、時期と状況に合わせて送るはがきはほかにもあります。

 盆暮れの付け届けを含めて、どのようにすれば効率的に好意を持ってもらえるようになるのか考えるのも親の義務になります。

 人は誰に対しても平等に接することはできません。好きな人間には丁寧な対応になります。嫌いな人間にはおざなりな対応をしてしまうものなのです。

 先生に好意を持っていることを示し、進学や学校生活の待遇をアップするようにするのも、親の責任なのです。

■あなたの送った寒中見舞いの文面を募集しています

「保護者・児童生徒のための寒中見舞いの書き方教室」では、皆さんが実際に学校や塾の先生に送った寒中見舞いの文面を募集しています。少しでも自分の子どもの学校や塾での待遇を有利にしたい、そんな皆さんの思いと知識を共有化できたらと思っています。協力のほどお願い申し上げます。

あて先はこちら⇒わたしたち親子が先生に送った寒中見舞いの文面
   
件名で迷惑メールのフィルタリングを行っています
用件にかかわらず件名は変更せず、そのままお送りください
件名が表示されない場合は「年賀状」の文字列を入れてください

内申書 アップ イラスト 無料 進学 塾 予備校 中学 高校    内申書 アップ イラスト 無料 進学 塾 予備校 中学 高校

内申書 アップ イラスト 無料 進学 塾 予備校 中学 高校